赤ノ峰の非日常

非日常的なゲイの日常

割とスタジオポノックってどう?

夏の日の朝の雨の匂いを感じると、昔のおばあちゃんの家の卵焼きを思い出します。(個人的な思い出に起因する)

どうもAKANOMINEだよ。

 

今日はあの『メアリと魔女の花』を製作した「スタジオポノック」について持論を展開してみようと思うよ。

まず、スタジオポノックとは、簡単に言うとスタジオジブリが実質解体した後に米林監督と元スタジオジブリの方々を中心として立ち上けたスタジオです。

詳しくはググってくだちい。

 

メアリと魔女の花』(以下メアリ)を夏に公開する事で話題ですが、皆さんどうですか?

見ますか?

僕は、「見るか見ないか」と言われたら「見ない」です。

メアリの宣伝のダイジェスト映像を見たとき、「ああ〜この感じジブリで見たことあんな〜」と感じたからです。

魔女の宅急便のパロディかな?と思うほど。

悪い言い方をすれば、ありきたりすぎて興味が湧きませんでした。

 

ですが、傾向としては良いと思いました。

今回は言わば「王道ファンタジー」です。

スタジオジブリが暫く離れていた分野ですね。

僕はこう見えても結構ジブリが好きなんですけど、割と昔のジブリ、つまりファンタジーを強みとしていた時代のジブリが好きなんですよ。

ですが結局新しいファンタジー映画を出さないままにスタジオジブリが解体してしまいました。

なので、新たにスタジオポノックがファンタジーを出すのは傾向として好感が持てました。

 

あと、パクリとかなり言われていますね。

まあスタジオジブリの例の魔女が箒に乗り倒す映画のパクリとでも言いたいのだと思いますけど、これに関しては全然共感出来ません。

そもそもスタジオポノックスタジオジブリを継承しているようなものですから、ジブリの映画と似てても咎める必要は無いですよね。

ピクサー映画のパクりだったらマズいですけどね。

米林監督も、「魔女の宅急便では見せなかった要素を見せたい」と言っています。

そもそもジブリが前提にあるようですね。

絵もそのまんまジブリですし、第二のジブリって感じでしょうか。

 

ところでみんなはジブリ映画何が好きでしょうか。

僕は『千と千尋の神隠し』ですね〜。

音楽が素晴らしいし、ストーリーも引き込まれますよね。

もののけ姫ナウシカのように最初からファンタジーではなく、現実→異世界→現実の構成なので、何となく夢があると言うか、もしかしたら自分にもそんな体験がいつか、、、なんて妄想にも浸ることが出来ます。

 

あと『おもひでぽろぽろ』も大好きですね。

あ〜おもひでぽろぽろをピックアップして記事書こうかしらん。

ってくらい好きです。

大人になって見たらとても良い作品ですね。

ちなみに赤ノ峰、現在18歳です。

まだ大人じゃないやんって今言った奴みんな消すからね。

 

 ということで持論を展開してみたわけですが、「スタジオポノック」はこれからが楽しみですね。

僕はメアリは見ないと言いましたが、王道なファンタジーなので子供には良いかもしれないです。

 

それでは読んでくれてありがとう。

ぐんない。