読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ノ峰の非日常

非日常的なゲイの日常

お久しぶりでございます

つれづれなるままに

気づいたら年明けてたわ。

色々あって更新が出来てませんでしたすいません。 

ぐふふ

 

いや〜それにしても寒いっすねえ。

僕は日本の結構北に居るものですから、雪ほど憂鬱なものはないですわ。ええ。

景色は綺麗なんだけどね。

この季節になるとなんかコブクロを聴いてしまうんだが分かる人は挙手でお願いします。

心底どうでもいいよね。

まあ時間あけちゃったから、生存はしてますとだけは伝えておこうかと。

なんかはてなブログのアプリが催促してくるんだよね。

渋々更新してやるわ。

まあそれは嘘なんですけど、適当にこれからも更新しますよ。

 

ということで赤ノ峰でした。

ぐんない

ゲイの普段〜私生活

ゲイ論

整形できるとしたら、顎を削りたいです。

はい赤ノ峰空です。

 

前回はゲイの普段学校編を書きましたが、ここでは私生活について綴って行きたいと思いますよ。

気になりますでしょう皆さん。ね。

ゲイなんて意外と日常に潜んでるんですから。

 

《外出》

私服は人それぞれだと思います。ゲイにも種類がありますから。

でもおそらく共通して、私服に気を遣っていることは間違いないと思います。

「人とかぶらない」がモットーだからです。

そうすると自然と奇抜になってしまいます。原宿系が結構好きです。(個人的な意見)

 

ショッピングでは、店にいる時間は相当長いです。ひたすら吟味します。(服は特に)

わりと「機能よりデザイン」思考です。

実際に僕も、デザインで選んだリュック(3つほど)は速攻でちぎれてしまいました。

 

カフェやレストランでは行儀が良いです。中には騒がしい人も居るでしょうが。

食べるときは異常なくらい綺麗に食べようとします。例えば口の周りに何も付けないようにしたり、皿に具が残らないようにしたり…。

 

《美容》

 もちろん気を遣います。僕はトランスジェンダーではなくゲイなので、女性を目指しているわけではありませんが、単純に「肌綺麗にしたい」とか「髪サラサラにしたい」とかは思いますよ。

化粧水とかは常識だし、美容クリームも使ってます。あと僕はヘアオイルも使用中です。

いいですよヘアオイル。

凄い良い匂いするし、艶が凄く出ます。

体毛は剃ってませんが、ヒゲが濃いのは許せません。

新宿にいるようなムキムキのヒゲ生やしてるゲイ兄さんの心理はよく分かりません。

 

《趣味》

大体、スポーツが趣味ではないです。

芸術方面に長けています。

僕も生まれた時から音楽に異常な興味を示しました。(それもクラシック音楽に)

芸術家に同性愛者が多いのは言うまでもありませんね。

料理もうまいかも知れませんね。

基本的に女性が得意とするものが得意です。

 

こんなものでしょうか。

まだまだありますが、まあそのうち書いて行きたいと思いますよ。

(いっかいに書いてしまうとネタが切れるとは口が裂けても言えない)(自爆)

そしてみんな、同性愛者を差別したらあかんよ。許さんよそんな奴。(脅迫)

 

読んでくれてありがとう。

ぐんない

 

らららららクラシック

About MUSIC

「閑静な」の使い方として「閑静な住宅街」以外の使い方が知りたいです。

どーも赤ノ峰空でございます。

 

クラシックといえば皆々様割と嫌厭しますよね。

「ガチで音楽やってる人が聴くもの〜」的な感じで。

いやあ勿体無い。あなあなかしこ。

あんなにも素晴らしい音楽を聴かないなんて、人生の4分の5損してますよ。

ポピュラー音楽を否定してるわけではないですよ。僕もロック、ポップ大好きですから。

でもクラシックは音楽の原点であり至高。

ここで赤ノ峰のおすすめのクラシックを紹介します。

タイトルふざけました。

 

モーツァルト

モーツァルトの音楽は、キラキラしていて華があります。聴いていれば、自然と宮殿が頭に浮かびます。

きらきら星 変奏曲 K.265 (モーツァルト) - YouTube

⬆︎きらきら星変奏曲

超絶技巧の変奏曲。

音の粒がキラキラしていて綺麗です。

この変奏っぷり……モーツァルトは天才ですね。

 

モーツァルト トルコ行進曲 - YouTube

⬆︎ピアノソナタ第11番第3楽章

言わずと知れた「トルコ行進曲」。

ラストのコーダが素敵です。

 

他、「二台のピアノのためのソナタ」「レクイエム」「オーボエ協奏曲」なんかもおすすめ。

 

ラヴェル

ラヴェルの曲は非常にテクニカルで巧妙です。

不思議な曲が多い印象で、ファンタジックです。

 

ラヴェル 道化師の朝の歌 - Ravel Alborada del gracioso - YouTube

⬆︎組曲「鏡」より道化師の朝の歌

不思議な雰囲気が漂っています。

リズムが軽快で素敵。

 

Jean-Yves Thibaudet - Ravel - Piano Concerto in G major - YouTube

⬆︎ピアノ協奏曲 ト長調

こちらもラヴェル節満載。

ちょっと現代風でおしゃれ。

 

他、「水の戯れ」「クープランの墓」「ボレロ」とかおすすめ。

 

ベートーヴェン

難聴になりながらも音楽を書き続けた偉人です。

ジャンルは広く、作家でいう東野圭吾みたいな所でしょうか。(?)

 

ベートーヴェン; 交響曲第7番イ長調 Op. 92 第1楽章 - YouTube

⬆︎交響曲第七番

ベト7です。のだめです。

壮大で華やかで上品。やはりベートーヴェンはパーフェクト。東野圭吾

例の「のだめカンタービレ」のタイトルが出てる場面は鳥肌モノ。(第九より好きかも)

 

辻井伸行 Nobuyuki Tsujii ベートーヴェン 「悲愴」第2楽章 Beethoven Pathetique Sonata 2nd mov - YouTube

⬆︎ピアノソナタ第8番「悲愴」

有名ですね。音楽家にとって難聴になることはショックどころではなかったのでしょう…。

旋律が美しく、悲しいです。

 

その他、「月光」「第九」「運命(5)」「田園(6)」おすすめ。

 

まだまだあるので今回はここまで。

次はもっとコアな所行きますよ。

 

読んでくれてありがとう。

ぐんない

神クリーム

つれづれなるままに

お題「愛用しているもの」

 

「愛用しているもの」という事ですが、今回は美容に関して愛用しているものを紹介したいと思います。

これは神です。神クリームいらっしゃいました。

 

ニベア クリーム 大缶 169g

ニベア クリーム 大缶 169g

 

 これ、安いし沢山入ってるし効き目あるし良いです。

僕は肌荒れが酷かったのですが、これを毎日塗るようにしてからかなり良くなりました。

風呂上がりに塗るだけです。

化粧水の上にやっても良いと思います。

なんなら化粧水いりません。

一度塗るとしっかり固定してくれるので、超保湿してくれます。鉄の仮面です。

ただ難点としては、顔がテカテカするので、家の中でしか使用は無理ですね。

あと旅行の時とかも変な目で見られるかも知れません。

でも家で使う分にはパーフェクトです。

これ一個で数ヶ月持ちます。コスパ素晴らしい。

という事です皆さんこれ超オススメなので使って見て下さいね。

 

読んでくれてありがとう。

ぐんない

JAZZ娘の影響

つれづれなるままに

お題「何回も見た映画」

 

さて、お題スロットより「何回もみた映画」という事です。

今回は僕が何回もみて、かつ影響を受けた映画を紹介します。

 

スウィングガールズ スタンダード・エディション [DVD]

スウィングガールズ スタンダード・エディション [DVD]

 

 スウィングガールズです。

実は矢口史靖監督のファンなんですよねえ。

ウォーターボーイズも捨てがたいが、やはりスウィングガールズの方が僕は好きです。

この映画で「Make her mine」という曲を知りました。勿論「Singsingsing」はあまりに有名ですからもう知ってましたよ。

 

ざっくり内容を紹介すると、吹奏楽部が色々あって楽器を演奏出来なくなり、代わりに女子生徒が楽器を始めて最強のジャズバンドのなったってストーリーです。

まあありきたりっちゃありきたりなストーリーなんですけどね、これがまた良いんですよ。

始め楽器を面倒くさがっていたけど、だんだん大事になって、もうそれ無しでは居られない。

こう言うのって結構ありますよね。

楽器に限らず、人付き合いでもそうです。

 

それとともに、純粋に「ジャズはやっぱ良いなあ」と感じます。

「世の中の人間は2つに分けられる。1つはスウィングする者。もう1つはスウィングしない者。」

うろ覚えですがこんなセリフが出てきます。

まあジョークなんでしょうが、僕はこのセリフの影響で、コンサートの時にジャズの曲で表拍で手拍子してる人を見るとちょっとモヤっとしますね。

スウィングしなきりゃ意味がないんです。

裏拍感じようぜみんな。

 

こういう影響もあって僕はサックスを続けて居る訳です。

ところで僕は吹奏楽部のなかでサックスを吹いてる訳ですが、吹奏楽部員はジャズが苦手です。皆クラシック人間です。

ですからジャズの合奏中は居ても立っても居られない。

なんで皆そんな音穏やかなのよ。ブラス族もっと音張れよ。小綺麗にリリースつけてんじゃないわ。低音重い。ドラムはスネア弱いしハイハット重い。指揮も指揮とて表で振るなよ。

こんな風に思いながら合奏に入ってます。

僕も一応4、5年プロのジャズサックスの先生に習ってましたから、それなりに分かってるつもりです。まだまだですけどね。

 

話が逸れましたが、この「スウィングガールズ」のお陰で僕は音楽を続けて居ます。素敵な映画です。

上野樹理のボロボロのテナーサックス、なかなか渋い。

本仮屋ユイカトロンボーンうますぎだしね。その辺の吹奏楽部員よりよっぽどうまいです。

名前分からないけどドラムのぽっちゃりした彼女、上手だし良いキャラしてる。

是非みなさんみてみて下さいね。

 

読んでくれてありがとう。

ぐんない

左右盲〜両利きの苦難

我について つれづれなるままに

朝夕が冷えて参りましたが、「暖かい家の中で雨や雪が降っているのをぼんやり眺める安心感」に共感できる人を探しています。

どうも赤ノ峰空です。

 

実は私赤ノ峰は、両利きです。

鉛筆は左手。

黒板に書くときは右手。

箸は右手でも左手でもいけます。右手メインですけどね。

スプーンとフォークはどちらでも。

ギターとベースは右手。

はさみはどちらでも。

マイクは左手で持ちます(謎)。

正直、自分でも「どれが〇手」と全て把握していません。

その場で無意識にどちらかの手を使ってますからね。

なんとなーく憧れるでしょう、両利きに。皆様。

左利きよりレアですから。

でも両利きにはある大変な欠点があるのです。

 

はいここで「どうせ道具が手に合わないんでしょ」とか「利き手について突っ込まれるのが面倒なんでしょ」とか思ったそこの貴方。あな甘し。

それらは左利きの悩みです。

 

では両利きの悩みは何かというと...

左右が分からない事です。

これは俗に「左右盲」と言われます。(正式な病気ではないらしい)

これは本当に日常生活に支障を来します。

「〇〇ページの左上見て」「交差点を右折して」「そこの右のやつ取って」

これらの言葉は僕に取っては恐ろしいのです。

「あっち」と指でさしてくれないと分からないのです。

東西南北は分かります。

上下も分かります。

でも左右は分かりません。言葉にされると頭がこんがらがるのです。

考えれば分かるのですが、言われてから反応するまでに結構時差が生じます。

箸を持つのが右、と言われてもどっちでも持てるし、そもそもさっきの食事で自分がどっちの手で箸を握ってたか覚えてない…。こんな感じです。

しかもこれ、焦れば焦るほど分からくなるのです。

ですから視力検査ほど焦るものはありません。左右にプラスして斜めも入ってきますしね。「右斜め下」と咄嗟に言われても頭が追いつきません。

結果、適当に言います。

結果、視力が悪いことになります。

兎に角、これは本当に苦痛なのです。

 

これは脳が関係しているらしいです。

僕は純粋な両利きではありません。元々左利きです。

ですが、幼少期に親が「左手で食事するのは行儀が悪い」と言うことで箸は右に矯正しました。結果両利きになりました。

ちなみにこれは姉も同様で、同じ両利きです。

どうやら「左右盲」は、このタイプの両利きに多いらしいのです。

利き手を矯正すると、左右が分からなくなるという脳のちょっとした障害が残るみたいです。

自分の子供が左利きで産まれたら絶対に矯正しないようにしよう…。

 

ということで両利きの紹介でした。

でも左右が分からないこと以外は何かと便利です。

左用の道具がない時は右用も使えますから。(出来ないものもあるが)

 

というかゲイかつ両利きって日本に何人居るだろうか…。

「天才が多いタイプの人」のツートップの「同性愛者」と「左利き」を持ち合わせてる僕は、残念ながら凡人です。

 

左右が分からない人が身近に居るなあと感じたら、その人は頭が悪いのではありません。ちょっとした脳の障害です。

因みにこれは両利きでなくても発症するみたいですよ。

ですからそういう人たちのことはどうか理解してやって下さい。

 

読んでくれてありがとう。

ぐんない

インストゥルメンタル男子

About MUSIC

お題「演奏できる楽器」

 

お題システムって便利ね。

 

インストゥルメンタル男子目指そうとしてもう十年以上前たっている気がする。

鍵盤、管楽器、弦楽器なんとかそれぞれ弾けます。

ピアノ、サックス、ギター、ベース。

挙げてみると意外に少なくて心折れそうです。

ピアノは習ったことはないのですが、小さい頃から触れていたので、いつの間にか楽譜も読めて、弾けていました。

こう書くと天才っぽいですが、習ってないので下手くそです。

きらきら星変奏曲は結局5パターン位しかマスターしてないなあ……。

左手動かすのが嫌いなんですよねえ。

最後のパターンが最高に難しいですよねあの曲。

モーツァルトの性格がよく分かると言うかなんと言うか。

 

サックスは本業(?)なので小学生から習ってたし、ずっと吹奏楽やってたのでそこそこ吹けるつもりです。

やはりプロに習うと違うものですねえ。

ジャズもクラシックもまあ吹けるつもりです。

まだまだ下手くそですけどね。

 

ギターはたまたま親戚に貰ったので何となく始めました。

まず指が痛くて挫折。指が太くて和音弾けなくて挫折。すぐ弦が錆びて挫折。

その挫折してる間にベースに出会ってしまったので、ベースの魅力にとりつかれてしまいました。

弦は太くて指が痛くない。4本だけ。和音は基本使わない。弦交換滅多に要らない。

素敵。

なのでベースだけ練習しまくって、それなりに弾けるようになりました。

でも改めてギターを弾いてみたら、全然指が痛くない。コード弾いても腕が疲れない。

ベースを弾いてたらいつの間にか指の皮が厚くなって、弦を抑える力もついてたからみたいです。

ですから今はギターも弾いてます。

慣れというのは重要ですね。

時に恐ろしいものにもなり得ますが。

 

ところで自分は打楽器が出来ません。ドラムなど無謀です。

動体視力がないんですね。筋肉もないし。

と言うことで今一番欲しい打楽器はカホンです。

f:id:akanominesora:20161019171525j:image

やはり信頼のPearl。

この箱1つでかっこいいリズム作れるなんて素敵!

アコースティックな曲に合いそうな音です。

これなら僕でも演奏出来ると思うんですよええ。(必死)

 

と言うことで特技に関してちょいと自慢して参りましたが、皆様も楽器を始めてみてはいかがでしょうか。

日本人は音楽聴くけどやらないというイメージがありますしね。

そのわりにカラオケ好きですよね。まあどうでも良いんですが。

 

読んでくれてありがとう。

 

ぐんない